有料検索エンジン登録

検索エンジンに有料登録する方法があります。正確には、有料「審査」です。最近では、有料審査が当然となっているような気がします。Googleなどのロボット型検索エンジンは無料であるが、ディレクトリ型の検索エンジンは有料という前提が固まりつつあるようです。

SEO対策を考えた場合、最終的な目標がアクセスアップにより「サイトからの売上アップに貢献すること」ですから、費用対効果を考える必要があります。一般的には、有料審査でもって検索エンジンのディレクトリに登録されることにより、アクセスアップが望めます。更に、ディレクトリからリンクされることにより、サイトの評価(ポイント)が上がり、ロボット型の検索結果の上位に掲載される可能性が高くなります。

以上の理由などにより、可能であれば有料審査サービスの利用をお勧めします。ただ、それぞれのサービスによって、審査基準や料金が異なりますので、より慎重な検討が必要です。

 Yahoo!ビジネスエキスプレス
審査料は、52,500円です。但し、アダルト、健康食品その他のサイトは、157,500円と審査料が高くなっています。特に注意しなければならないことは、当サービスは、商用(営利)目的サイトを対象としたものであるということです。よって、非営利サイトなのに、有料審査を申し込んで52,500円を送金しても登録されないことがあるし、返金もされないということです。私も勘違いして失敗しました。そのショックは想像を絶します。

一方、商用(営利)目的サイトを無料審査に依頼しても掲載されないようです。また、営利が目的のサイトであれば、有料審査で一日でも早くYahoo!ディレクトリに掲載してもらったほうが確実にアクセスアップに貢献できます。つまり、ネットで商売をするためには、Yahoo!掲載は必要条件だということです。52,500円(原則)を惜しんでいたのでは商売になりません。

 クロスリスティング
平成18年1月よりサービスが始まった、有料審査サービスです。掲載される検索エンジンが以下のように有名な所が多いです。Yahoo!の次に検討する価値がありそうです。ただ、費用対効果を考えると、Yahoo!のほうが効率的でしょう。何故なら、Yahoo!のページ閲覧数が圧倒的だからです。

提携サイト(一部) Excite goo OCN

 Jリスティング
平成17年よりライブドア系列となりました。

提携サイト(一部) livedoor フレッシュアイ au one

 e-まちタウン
全国316の地域情報サイトに掲載されます。

掲載サイト(一部) 豊島区タウン 札幌タウン 久留米タウン