SEO対策の実践2

遺言書の書き方と文例」サイトのSEO対策のゴールは次の通りです。

  1. 最重要キーワード「遺言書」で1位をキープする。
  2. 重要キーワード「遺言」でYahoo!とGoogleで10位以内に入る。
  3. 重要キーワード「遺言状」でYahoo!とGoogleで10位以内をキープする。
  以上のゴールを決定したのは次の理由からです。  

先ず、「遺言」「遺言書」「遺言状」というキーワードで実際にどれだけ検索されているか調査するツールがあります。Yahoo!の「スポンサーサイト」を担当しているオーバーチュア株式会社が提供しているキーワードアドバイスツールです。このツールで、3つのキーワードを検索した結果です。

 白抜きで検索数が出ています。2006年1月の「資格」関連のキーワードでの月間検索数(予測値)という説明があります。
これらの数字を見てみると、「遺言」での検索数が一番多いのですが、他の2つと比べ場合、それほど大きな差はありません。「遺言<遺言書+遺言状」という公式が成り立ちます。よって、「遺言書」で1位に掲載されているのなら、あえて「遺言」を最重要キーワードにする必要はないと判断しました。一方、「遺言」「遺言状」でも上位掲載になるようにSEO対策が行うことにより、アクセスアップに繋がることは間違いありません。

  『最重要キーワード「遺言書」で1位をキープする。』というゴールを達成するために、現在次のようなSEO対策を実践しています。

トップページ内に「遺言書」のキーワードを記述し、<strong><em>の強調タグを使用しています。

 遺言書の文字を<strong>や<em>の強調タグで囲んでいます。
<strong>遺言書</strong>、遺言状

きる<em>遺言書</em>公証

あまり多用すると、スパム行為とみなされる可能性があります。

資格予備校サイトのトップページ、各サブトップページから、「遺言書の書き方」でリンクを張っています。

資格予備校サイト以外の各サイトのトップページからも、「遺言書の書き方」でテキストリンクを張っています。
  行政書士資格塾
  相続問題解決隊
  行政書士宮崎事務所

  >>>実践3